スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

初山歩き

 2016-01-09

1月と云うのに、暖かい日が続いてます

今年の初歩きは
山梨百名山の 「今倉山」~「二十六夜山」をのんびり歩いて来た

この山は山梨県都留市の道志山域にある山だが
二年前の丁度同じ頃に初めて登った、好きな山の一つ

雲一つない真っ青な空のもと
足元は積もった落ち葉がたくさんで登山靴をとおして
その気持ち良さが伝わってくる

今倉山の東峰(1470.3m)、西峰を経て展望の良い松山(赤岩)まで初登り 004
初登り 003

葉を潔く落とした木々の間からの富士山を見ながらの気持ち良い歩き

松山では360度の眺望
遠く南アルプスや八ヶ岳、奥秩父の山々が見渡せる
そして富士山が真ん前初登り 006

相変わらず例年に比べ雪は少ないようだけど、やはり圧倒的な姿に同行3人は歓声
一時間ばかり大休止して次の二十六夜山まで
初登り 017

月待ち信仰の山で、頂上には石碑(?)があった。
初登り 023

今回の山歩きでは男性4人パーティとソロの男性二人しか会わず
静かな山をのんびりと歩くことができいい初歩きだった

今年も、こんな山歩出来たらいいな


初登り 019
冬枯れの山中で、枯れたコウヤボウキみっけ!
スポンサーサイト
カテゴリ :山歩き トラックバック(-) コメント(28)
タグ :

立山三山縦走

 2015-08-10
立山 093

与謝野鉄幹
立山の雪を仰ぎて声放つ此の清きもの地にあり
又、もっと前
大伴家持
立山に降り置ける雪を常夏に見れども飽かず神からならし

と古くから数々の歌に詠まれている立山
前からの願いが叶ってやっとその地に足跡を付けることができた

8月6日
長野側から黒部経由でトロリーバス・ケーブル・ロープウェイを乗り継ぎ
室堂に最初の一歩を踏んだのは、 私の妹をリーダーに山歩きの大先輩S女史と私
山好き三人娘(失礼!元・・元・・デス)お昼のお弁当を食べ一日目の第一山 浄土山(過去)2831mへ
雪渓を2つ渡るとすぐに急登が始まった、カメラも何もザックにしまい込み、ただただ岩と石と格闘しながら
頂上へ、途中の御花畑の素晴らしい事!でもカメラで撮る余裕は無し!しっかりと心のカメラに・・。
1日目の小屋は、一の越山荘 日没近くには小屋の前に登山客が集まり刻々と過ぎ行く今日の終わりを眺めた。
立山 043

8月7日
20150807_045552.jpg

小屋を4時半に出て第二の山 雄山頂上(現在)3003mまでひたすら登る
20150807_061615.jpg

日本三大霊場(富士山・白山)雄山神社の山頂では神官さんが待っていて下さった立山 053

小さな社の前で祝詞とお祓いを受けお神酒を頂戴した、周りの高い山を見渡しながら山の名前など丁寧に教えて下さった。
さてここから、第三の山 別山(未来)2874m まで、幾つかのピークを踏みながらアップダウンを繰り返しながら
長い縦走路に。立山 069
立山 062

立山 065

立山 074

別山 山頂からは、あの剣岳が真ん前に!
立山 070


岩や石を落とさないように歩いていると何処を見ても素晴らしい景観に思わず涙が・・・
私に合わせて余裕を持って行程考えてくれた妹に励まされながら何とか無事二日目の小屋 雷鳥荘着
立山 078


8月8日
今朝も文句なしの上天気
体力が余っている妹は思い立って 奥大日岳に登ってくると小屋を飛び出した
あとの二人は途中の木道まで軽く歩き、女史は早速画帳を広げ暫しスケッチタイム
立山 086

空はあくまでも青く、空気は澄んで花は咲き・・この世の楽園のよう立山 087

駆け足で登って下りてきた妹と合流し、室堂から今度は富山方面経由の高速バスで夜の8時に
新宿着

至福の三日間の山歩きはあっという間に終わったけれど
今こうして山日記を書いていても、あの立山の空と山が蘇ってくるようなおもい。
歩くのは決して楽ではなかったけど、それに増す喜びが多い山だった。

ダラダラと長い日記に付き合って下さって有難うございました。    

最後に今回の山で出会った花達のホンの一部を・・・。

タテヤマリンドウ?もしかして、ミヤマリンドウかも。
立山 013
トウヤクリンドウ立山 037

チングルマ
立山 079

ハクサンイチゲ

立山 083

コバイケイソウ
立山 030
カテゴリ :山歩き トラックバック(-) コメント(34)
タグ :

上信越の山歩き

 2015-07-23
東京に梅雨明け宣言が出された先日の日曜日
太陽がギラギラと照りつけて容赦ない暑さ
丁度こちらに帰っていた妹夫婦の車に便乗して午後から軽井沢へ逃避行(?)

いつも寄る、軽井沢の大手スーパー「○ルヤ」で食糧調達をして
嬬恋の里にある義弟夫婦の住む山荘へ1437613861182.jpg
四阿山を望む広々としたキャベツ畑
吹く風さえも、もう高原の風・・・爽やかっ! うぅ~~生きかえる思い

翌日は何処の山を歩こうか?早々と就寝

翌朝、素晴らしい天気
今回は結局、 
水の塔山(みずのとうやま 2202m)
~東篭の登山(ひがしかごのとやま 2227m)
~西篭の登山(にしかごのとやま 2212m)という縦走を水の塔山から縦走 005

前に住む別荘のご家族三人も同行して賑やかな山歩きです
縦走なので2グループに分かれて私達先発組4人は早く出発
高峰温泉のランプの宿近くから水の塔山を経て
後発組の池の平から登るあとの3人と東篭の登山頂で合流してそこから西篭の登山へ
先発組の前の家のお嬢さん、高所恐怖症と云うことで
周りの景色をほとんど見ずにひたすら足元を
水の塔山から篭の登山へと続く縦走路にある
赤ザレからの七千尺の眺めサイコー!

水の塔山から縦走 011

足元に目をやれば小さな可憐な花々が
>水の塔山から縦走 002  ウスユキソウ



水の塔山から縦走 009   ゴゼンタチバナ


西篭の登山頂から歩いて来た登山道を振り返る
奥に噴煙を上げているのは浅間山
20150723103015.jpg

いつも一人か二人で歩いているけど
今日は総勢7人のグループ登山
こんなに大勢で登るのも久し振りだけど、楽しい♪
日差しはキツイけれど気持ち良い汗をかいて上信越の山を堪能して
その日の高速バスで帰京した

それにしても、下界は暑い! 

せめて涼しい風を送りましょうか?
水の塔山から縦走 019

                    水の塔山から縦走 018


カテゴリ :山歩き トラックバック(-) コメント(30)
タグ :

梅雨の晴れ間に

 2015-06-21
昨日の土曜日
前日の天気予報だと、少し晴れ間がでるそうな。

よしよし~久しぶりに歩いてみようかと
朝6.30にザック担いで家を出た
そしていつもの登山口を歩き出したのはその1時間後

前日までの雨で登山道の木の根っこや大きな石は濡れていて
慎重に歩を進めやがていつもの頂上へ到着

今日は時間があるのでもう少し足を延ばそうと縦走路に。
早や春の花は終わり夏の花がお目見えするのにはちょっと早すぎる

それでも、幾つかの花が登山道の傍らに咲いていて目を楽しめてくれる
高尾他 058
                  
高尾他 067
高尾他 045


高尾他 056

「小仏城山」まで歩いたところで今日は終わりにしようと高尾他 064

久し振りに沢沿いの道を下山
途中の見晴のよい場所で
おにぎりとコーヒーで一休み
              高尾他 066

瀬ノ音と、梢で啼く鳥の声を聴きながら静かな山道を歩くのは何とも気持ちが良いもの
高尾他 071


こんな時間が本当に「命の洗濯」

さて、月曜日から又頑張るとしよう~♪

今日の書は
「山川草木(さんせんそうもく)」
って・・そのままじゃん(笑)
書205
カテゴリ :山歩き トラックバック(-) コメント(26)
タグ :

目に青葉 山ホトトギス・・・いい季節になりました。

 2015-04-29
1ヶ月ってどうしてこんなに早いんでしょう

桜がやっと咲いたと浮かれていたら
季節は早や初夏に向かって一目散
毎度毎度同じような事を言ってるよ~!
どこかからお叱りの声が聴こえてくるような?
う・・・そら耳?

そんな訳で相変わらずの久しぶりの更新です
ご用とお急ぎでない方はどうぞ~<(_ _)>

先週の土曜日(4/25)妹と二人で山梨県大月市の九鬼山(970m)に登ってきた
山梨100名山、そして秀麗富嶽十二景に選ばれている山九鬼山 016

富士急行の禾生駅に下車してこの山に登りそこから馬立山御前山
三つの山のピークを踏んで中央線の猿橋駅に至る山歩き。
ハルリンドウ
九鬼山 005

登り始めると、登山道の脇にスミレやハルリンドウ、ヒトリシズカ等、様々な春の花が迎えてくれて
ツライ登りも忘れる程
ヒトリシズカ
九鬼山 008

イカリソウ九鬼山 006

九鬼山 003
樹林帯を抜けるとまるで緑のシャワーを浴びるように
たくさんの緑色のグラデーション
濃い緑、薄い緑、萌木色・・・水彩絵の具をぶちまけた(?)ような。
たくさんの緑を浴びながら頂上を目指していくと、下界ではもう散ってしまっている桜やオレンジの山ツツジ
なんという優しい色彩の山なんだろう!
九鬼山 019
九鬼山 014

三つの山を登って下りて又登って~下りて
登山口に降り立った時は足はガクガク
ここのところお手軽半日歩き位しかしてないワタシ
7時間強山の中を徘徊したツケは翌日の筋肉痛 イタタッ
日頃の運動不足を身に染みて感じた山でもありました

センボンヤリ
九鬼山 018


ヤブレガサ
  九鬼山 011 
マムシグサ(ミミガタテンナンショウ?))
九鬼山 009

富士山を見るのには絶好の山だけど
今回は恥ずかしがってお出ましならず(>_<)
それでも優しい色に染まりながら小さな花達を見ながらの山歩きはサイコーな一日だった。.

カテゴリ :山歩き トラックバック(-) コメント(28)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。