スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

里山歩き その②

 2012-04-17
滝山城址と八王子城址   春② 006



4月もこの頃になると桜前線はやっと北上したようで
私の住む東京郊外の桜も早や葉桜になりつつあります。

そんな先日の日曜日
いつものように朝早くJRで八王子まで。
6時に妹達と待ち合せ
朝めし前に残りの桜を愛でに北高尾にある二つの城址を歩いてきた。

ここ滝山城址と八王子城址は戦国末期の山城跡特に八王子城は標高約460mの山頂を核とした城跡で
日本百名城の一つである国史跡でもある。

滝山城跡は現在東京都立の公園となり春② 004

山を埋め尽くすように桜がたくさん植えてある。
朝早くにそこまで登ってくる酔狂な人はいないと見え静かなこと!
春② 007


八王子城址は心霊スポットで有名(?)みたいで
登山口にある一の鳥居をくぐると何だか」ひやっとするような・・・
春② 012


40分足らずで山頂に着くまでは人っ子一人とも会わず
貸し切り状態の中で朝食を食べながら眼下の景色を楽しんだ。

下りは、踏み跡もない道なき道の急坂をロープを伝ったりしながら
城主が住んでいたという「御主殿跡」に下りたが
帰って調べたらこの道は隠し道で「殿の道」と呼ばれてたようで
そう云えば、下山の際、登ってきた登山者と擦れ違ったら
「こんな所を歩いてきた人を見たのは初めて!」と云われた。

心霊スポットと云われる所以は、北条氏照が小田原の本城を守るため
主力を率いて留守をしていた豊臣軍数万に奇襲されて八王子城は一日で落城
その時城に残った婦女子が多数滝に身を投げたりして自害した・・という
悲しい歴史のようだ。

そんな歴史が嘘のようなこの朝は

朝の陽がキラキラと輝き
山には可憐なスミレが咲き
春② 001


山櫻が、ハラハラとその花びらを散らして穏やかな明るい朝だった。


img153.jpg
スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。