スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

心のこり・・・

 2012-10-28
絵を観るのは好きだけど
自分で描くのは苦手

そんな私が「絵手紙」を書いてみたいと思った動機は
年取った両親に手紙を書くのに絵が入ってた方が喜ぶかな?
そんな気持ちからだった。

幸い、親しい友人が長く絵手紙を描いていたので
筆と顔彩を揃え描きはじめた。

今年5月に他界した父は、晩年、眼が悪くなり殆ど失明状態になってしまったので
私の手紙も見せることは出来なかったけど
まだ、眼が見える頃は私が山歩きついでにスケッチしたハガキに
下手な俳句もどきを書きつけて投函すると次に実家に行くと
その葉書に赤のボールペンで真っ赤に添削してある葉書を持ってきて
この句は上に、この言葉をこうしたらいいぞ・・と、レクチャーしてくれたりしてた。

母にも季節ごとに絵手紙を描こうと思っていたのに
ここ最近はあまり送らなくなってしまっていた。
私が送る絵手紙をよく手に取って見ていたと聞いたのに・・
父と違い眼は良く見えていた母なのに・・。

その母も先日、父に呼ばれたかのように
たった1週間の入院で旅立ってしまった。

一緒に住んで面倒を見ていてくれた弟夫婦が
母の引き出しに残っていた私の絵手紙を渡してくれたが

2012.10月 015

初心を忘れた出来の悪い娘は
「なぜもっとたくさん手紙を描かなかったか?!」
と、後悔の気持ちが一杯

せめて最後に一枚と
葬儀の朝早く起きて描いて最後の絵手紙を母に渡しました。

2012.10月 013

スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。