スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

東京の桜はそろそろ・・・・見納めかな

 2013-04-01
今年の桜は咲き急いでいるような。

春に夏日になったと思ったら
重いコートを引張りだして着るような寒い日も・・。
この寒暖の差が桜の開花を早くしたとも。

30日
赤坂 乃木坂にある乃木神社前の枝垂れ桜
しおりちゃん 結婚式他 002

もう満開で辺りには桜吹雪
この神社で春の宵、姪の結婚式があり行って来た。
宵闇せまる中での神前結婚式しおりちゃん 結婚式他 016

舞『納曾利』が雅楽の調べにとともに舞われて
厳かな雰囲気。
新しい門出の二人の幸多かれと・・・。

一日おいて今日
4月1日は

小4のマゴムスメと三田から芝へ
慶応大学の三田キャンパスの中の桜も満開4月1日 005

花びらがハラハラと風に舞って・・
4月1日 010

重要文化財の図書館の階段上にあるステンドグラス

4月1日 006


東京タワー展望階から見る「増上寺」の桜も満開
4月1日 025

4月1日 029

明日は又寒い日になりそう
今年の桜はこれで終わりかな?
カテゴリ :その他 トラックバック(-) コメント(35)
タグ :

忘れてはならない・・・。

 2012-08-14
夫の実家は宮城県の北部
岩手県との境に接する内陸部にある。
昨年の震災では、幸いにも大きな被害も受けずに
ホッとしたけれど直後(震災)には連絡も取れず
夫は道路が開通したらすぐに車で帰郷
無事を確認して戻ってきた。

それから一年半
今年は二人で、両親の墓参に帰省した。
実家の兄の家族や、姉夫婦も交えて賑やかに膳を囲み
久しぶりの話に花が咲いて楽しい時間を過ごしてきた。

でも・・こうして楽しい時間を過ごしてる自分達だが
実家から、車で20分も走った峠の先にある南三陸の海辺の町
あの廃墟となってしまった町の人達の事を思い浮べると
胸が痛む

まだ小さかった子供を連れての帰省では
この辺りをよくドライブがてらに気仙沼まで走ったものだ。
その海辺の町があらかた消えてしまった・・・。
最初に目に飛び込んできたのは荒涼とした光景
鉄道のトンネルの前は大きなコンクリートの塊
そして、幾重にも重なる車の山
ここに生活していた人たちは今どこに?・・・・
人影のないそんな光景を目にしていたら悲しくて、切なくて・・・


2012年 夏 032

2012年 夏 034

2012年 夏 035


2012年 夏 033


一年過ぎて、東北の人達に対する想いが薄れてきていると云う
でも、決して忘れてはいけない
ここにあんなひどい災害に遭った人たちがいることを・・・・。

タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。